妊娠している時に参加出来る幼児教室で心も体もリフレッシュしましょう!

>

辛い妊娠生活も胎教教室でリラックス

胎教は赤ちゃんの脳を刺激する?

お腹の中にいる赤ちゃんは、お母さんの声を聴いているだけではなくお母さんの感情も読み取る事が出来るそうです。

怒るや笑うなど、妊娠中はホルモンの変化もあり情緒不安定になるのは当たり前です。
悲しい気持ちが続くと赤ちゃんにも大きな影響を与えてしまいます。
妊娠中はなるべくリラックス出来る環境づくりを心がけたいです。

胎教教室では、お母さんのリラックスを目的とする体操や妊婦さん同士の語りの場としても提供されているので不安や相談などを共有することが可能です。

お腹の中にいる赤ちゃんにとって胎教をしていて一番刺激になっているのは脳と言われています。

胎児の頃に脳を刺激すると、胎教をしていない子よりもしている子の方が何倍も脳の細胞が発達しているそうです。
脳全体を刺激する胎教の効果は、これからも期待できます。

赤ちゃんでも始められる幼児教室

胎教もおすすめですが、0歳児からでも始められる幼児教室も人気があります。
早いのではと思う人もいますが、ペンを持つわけではなく赤ちゃんの体に触れる事で親子の繋がりを深めるベビー体操や音楽を聞いて手足を動かし脳に刺激を与える、他にも色鮮やかなカードなどを使って視覚を養う授業があります。

人間の持っている五感を育てる事で、脳の成長を手伝っているのです。
将来、自分の子どもがどんな大人になって欲しいのか考えた事はありますか。

脳への刺激が色々な可能性を引き出してくれるのです。

幼児教室では勉強が出来る様になるだけが目標ではなく、自分の言いたい事を表現する力や積極性、協調性など性格に関わる部分でも大きな影響を与えてくれます。

集団生活が増える様になると、重要視される部分が学力だけではないのは間違いありません。
性格の部分も成長と共に気をつけていかなくてはいけません。


この記事をシェアする

TOPへ